分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2014年08月20日

button_15.jpg  もうかっているのに家電部門売却、今さらながらGEってどんな企業?

THE PAGE 8月20日

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)が、家電部門をスウェーデン企業エレクトロラックスに売却しようとしています。GEの名前はよく耳にしますが、果たしてどのような企業なのでしょうか。

 GEは、航空機エンジンや火力発電タービンなどの製造を主力とするグローバル企業です。重電分野以外にも、CTスキャンといった高度医療機器や個人向け金融サービスなど幅広い事業を手がけており、全体の売上げは15兆円にも達します。同社の家電部門の売上高は約8000億円と全体のごく一部にすぎません。しかし、GEの前身は、発明家トーマス・エジソンの電球を販売する会社であり、家電メーカーとしては100年以上の歴史があります。今でも米国の一般家庭を訪問すれば、GE製の冷蔵庫や温水器などをよく目にします。また、米国のダウ平均株価の銘柄に120年間名前を連ねている唯一の企業でもあり、いってみれば家電メーカーとしてのGEの歴史は、現代米国の歴史そのものです。

 同社は一時、米国内の製造コスト増加に苦慮し、家電製品の製造拠点を中国など新興国に移転させていました。しかし、米国経済が復活してきたことや、シェールガス革命によって米国のエネルギーコストが低下してきたことから、温水器などの製造ラインを国内に戻し、大きな話題となりました。家電部門は国内に工場を戻した後も、年間約400億円程度の利益を確保しています。

 利益が出ているにも関わらず、同部門を売却するのは、同社のグローバル戦略に家電部門が合致しなくなってきたからです。同社は今後、これまで以上に発電所などを中心とした社会インフラ事業に、対象を絞り込む計画を立てています。同分野を強化するため、フランスの重電大手アルストムを買収し、この業界で圧倒的なナンバーワンになることを目指しています。同社の個人向け金融サービス部門は、全体の利益の3分の1を上げていましたが、社会インフラへの集中を徹底させるため、IPO(新規株式公開)という形で分離独立させました。同社が100年以上トップ企業であり続けることができたのは、収益部門であっても、事業の集中のためには惜しみなくリストラする決断力を持っているからなのかもしれません。

 家電部門の売却先としては、エレクトロラックスのほかに、韓国のLG電子なども候補にあがっているといわれます。エレクトロラックスは欧州を中心に米国でもブランド力があり、もし買収が成功すれば、中国のハイアールに次ぐ家電メーカーに浮上することになるでしょう。

(The Capital Tribune Japan)

button_15.jpg  シャープ、4K撮影対応で業界最高感度、ビデオ/デジカメ向けの1型CMOSセンサー

Impress Watch 8月20日

 シャープは、4K動画撮影に対応し、業界最高という高感度1,420mV/lux-secを実現した、ビデオカメラ向けの1型、1,200万画素CMOSセンサー「RJ5DY1BA0LT」を開発。8月21日からサンプル出荷を開始し、量産開始は10月31日を予定。サンプル価格は20,000円(税込)。月産8万個を見込んでいる。

 ビデオカメラでの利用を想定した、1型のCMOS。4K2K/60pの動画撮影に対応でき、総画素数は1,311万画素、撮像画素数は1,282万画素。1,200万画素の静止画撮影も可能で、デジタルカメラにも使用できる。

 画素サイズが3.1×3.1μmと大型で、独自の画素セル技術を活用し、1,420mV/lux-secという高感度を実現。暗いシーンでも鮮明に撮影できるという。

 また、画素信号の読み出しの高速化と、少ない電力でデジタル変換する独自の回路技術も搭載し、4K/60p撮影時に、業界トップレベルという低消費電力420mWを実現。イメージセンサの発熱も抑制できるため、搭載機器の放熱設計の簡略化にも貢献でき、熱によるノイズも抑えた高画質撮影ができるという。


【AV Watch,山崎健太郎】
2014年08月13日

button_15.jpg  韓国第3の携帯メーカーが窮地に、間もなく破産宣告へ―中国メディア

XINHUA.JP 8月13日

中国・C114中国通信網は12日、「韓国第3の携帯メーカー・パンテック&キュリテルが窮地に、間もなく破産宣告へ」と題した記事を掲載した。

韓国のサムスン、LGに次ぐ第3の携帯電話メーカーであるパンテック&キュリテルが破産に直面している。同社は1991年に韓国本土で設立され、主に韓国国内向けに安価な携帯電話を販売していた。

今年7月4日までに4800億ウォンの債務を返済しなければならなかったが、同社の昨年と今年第1四半期の営業損失はそれぞれ2920億ウォンと67億ウォンに達しており、返済できる見込みはない、と今年2月下旬に同社が発表した再建計画で指摘されていた。

同社の債権者は金融機関、投資銀行、韓国3大携帯キャリアのSKテレコム、KT、LG U+。7月4日の返済期限を前に債権者らは期限を2016年7月25日まで2年間延長することに同意したが、すでに窮地に追い込まれている同社の倒産は免れない見通しだ。

同社の広報担当者は「当社の状況が好転する見込みはない。韓国の通信キャリアはいずれも当社の携帯電話を買ってほしいという再三の要請を受け入れなかった。当社は来週、ソウル裁判所の破産申請をする予定だ」と明かしている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。