分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2014年02月14日

button_15.jpg  液晶パネルの出荷価格は下落、業界の競争加速―中国

マーケティング機関NPDディスプレイサーチの統計によると、メーカーのプロモーション戦略によって2013年第4四半期のパネル出荷量が拡大するとともに、テレビメーカーの在庫が増加。今年第1四半期の液晶パネルの出荷価格は下落が予測されている。2月12日、毎日経済新聞網が伝えた。

今年の後半、生産ラインが複数操業するため、業界の競争も加速しそうだ。

奥維咨詢のアナリスト唐磊氏は「毎年この時期は、パネルメーカーにとってシーズンオフなので、価格が下がるのは通常のことだ」と述べた。

NPDディスプレイサーチの月度LCD市場動態報告によると、昨年12月の国内向け液晶テレビパネルの出荷量は予測より12%多い680万枚で、2013年最高となった。

中国電子視像協会副会長の白為民氏は「昨年の省エネ家電補助政策打ち切り後、特段の刺激策がなかったためテレビ販売は低迷した。当然、パネルの需要も減り、一部のパネルメーカーが値下げを行うことで、出荷量が増えた」と分析した。

今後、中国では建設中のパネル工場が相次ぎ操業する。昨年12月には京東方の第8.5世代有機EL生産ラインが操業し、11月にもTCL傘下の華星光電の二期プロジェクトが始動した。

奥維咨詢によると、現在、新型のパネル工場は4つあるが、今後12に増える見込み。国内の第8世代ガラス基板の生産能力は昨年末時点の月間25万枚から2015年末には月間67万枚に増加すると見込まれている。(編集翻訳 浦上早苗)

XINHUA.JP 2月13日


電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。