分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2014年03月01日

button_15.jpg  アドテスト、海外CBで300億円調達 研究開発加速

2014/2/27 0:05

 アドバンテストは26日、ユーロ円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)を300億円発行すると発表した。調達資金で最先端半導体に対応する検査装置の研究開発を加速、検査装置需要の急変に備えて周辺・新規事業も強化する。普通社債(SB)の償還にも充てる。

 発行するCBは年限が5年で、利率はゼロ。3月14日(ロンドン時間)に発行する。CB発行は1989年以来およそ25年ぶり。

 2015年3月期は検査装置事業の売上高(米国会計基準)として今期見通し比23%増の900億円、周辺・新規事業やサービス事業などの合計で49%増の550億円を目指す。

 調達資金のうち約100億円は、検査装置の研究開発に充てる。装置を半導体チップの微細化や、半導体を積み重ねて高機能化するシリコン貫通電極(TSV)方式に対応させる。高速化や処理能力向上も図る。

 このほか電子ビーム露光装置などの研究開発には約50億円を振り向け、テラヘルツ波製品など新規事業の運転資金として約50億円を使う。残る100億円は15年5月に償還期限を迎えるSBの償還に充てる。

 半導体検査装置はスマートフォンなどの販売動向によって需要が大きく変動しやすい。このため検査装置の付加価値や競争力を高めると同時に、周辺事業や新規事業の強化を急いでいる。

電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。