分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2014年12月28日

button_15.jpg  【台湾】11月輸出受注額6.0%増、単月2位の水準

NNA 12月23日(火)
 
 経済部が22日に発表した11月の輸出受注額は、前年同月比6.0%増の435億1,000万米ドル(約5兆4,200億円)だった。モバイル端末向け受注が引き続き伸び、単月ベースでは10月に次いで過去2番目の高水準となった。
 輸出受注額の3割超を占める情報通信製品は前年同月比6.1%の136億9,000万米ドルで過去最高を更新。世界的ブランドメーカーのスマートフォン新製品の好調な販売に加え、欧米のクリスマス休暇に向けた需要増からメーカーの受注が強含んだ。電子製品は8.4%増。モバイル端末の強い需要に伴い、ファウンドリー(半導体の受託製造)や封止・検査、DRAMメーカーの受注が伸びた。
 一方、精密機器は中国のタッチパネルの需要が弱含んだ他、中小型液晶パネルの価格競争激化の影響を受け6.9%減。国際原油価格の下落に伴い、化学品(10.0%減)とプラスチック・ゴム製品(8.7%減)がマイナス成長となった。
 主要国・地域別では、欧米の需要が強かった。欧州が前年同月比19.3%、米国は14.2%それぞれ伸びた。いずれも情報通信製品の受注が最多だった。一方、中国(香港含む)は化学品の受注が大幅に落ち込み3.4%減だった。日本は電子製品を中心に需要が弱く、15.2%減少した。
 経済部は、原油価格の下落とロシアの通貨不安、新興国・地域の景気減速が世界経済の成長を抑制し、とりわけプラスチック製品の受注に影響が出ると分析。12月の受注動向については、各業者への調査から今月の受注は弱含んでいるとして、受注額は11月比で減少するだろうと予測している。
電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。