分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2014年12月28日

button_15.jpg  シャープが黒字化、中国製スマホが救世主に―中国メディア

Record China 12月12日(金)

11日、日本メディアによると、シャープの2014年度上半期(4−9月)の業績が4年ぶりに黒字化した。中国スマホメーカーの液晶パネルの堅調な販売が、業績回復をけん引した。資料写真。

2014年12月11日、日本メディアによると、シャープの2014年度上半期(4−9月)の業績が4年ぶりに黒字化した。中国スマホメーカーの液晶パネルの堅調な販売が、業績回復をけん引した。しかし小型・中型液晶パネルで世界トップシェアを誇るジャパンディスプレイは中国事業が伸び悩み、3月の上場から業績を3回下方修正している。環球網が伝えた。

シャープとジャパンディスプレイの業績が対照的だったのは、中国新興スマホメーカーの小米科技の影響によるものだ。

米調査会社のIDCによると、2014年7-9月の世界スマホ出荷台数のうち、小米科技はサムスンとアップルに次ぐ3位になった。同社の7-9月の出荷台数は1730万台で、前年同期(560万台)の約3倍になった。世界全体の出荷台数の増加率(25%)と比べると、同社の増加率が特に際立っている。シャープは同社に大量の液晶パネルを供給している。シャープの役員は、「当社は急行列車に乗ることができた」と述べた。

シャープが小米科技に大量の液晶パネルを供給できた原因は、アップルだ。

シャープはアップルにも液晶パネルを提供している。しかしアップルの液晶パネルのサプライヤーリストにおいて、シャープは韓国のLGディスプレイとジャパンディスプレイの下に位置する。シャープはiPhone 4Sから、アップルの液晶パネルサプライヤーになった。

スマホ出荷台数が減少するアップルは、まずシャープからの調達量を減らした。アップルへの依存を断ち切るためには、供給対象を拡大しなければならない。シャープは中国スマホメーカーに目をつけた。小米科技はその一社だ。また2013年度(2014年3月まで)の連結決算の約30%をアップルが占めるジャパンディスプレイは、小米科技との価格交渉に失敗し、「交渉が中断した」(大塚周一社長)という。その影響は、2014年度の4-9月の業績に及んだ。

しかしこの状況が長期化することはなさそうだ。株価が公開価格を40%ほど下回るジャパンディスプレイの大塚社長は、11月13日の業績報告会で、「成果を出さなければ、信頼を取り戻すことはできない」と述べた。大塚社長は具体的な対策として、アジアのスマホメーカー4社と大型契約を締結すると発表した。小米科技は今年夏に発売した新型機種に、ジャパンディスプレイの液晶パネルを搭載している。ジャパンディスプレイは、2015年1-3月に中国出荷台数が増加すると表明した。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/武藤)
電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。