分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2014年12月28日

button_15.jpg  JSR、中国でディスプレイ材料の製造合弁会社を設立

エコノミックニュース 12月5日(金)

 中国のLCD業界は、政府によるLCDパネルの国産化政策を背景に今後も拡大成長を続け、2020年頃には世界最大の市場になると見込まれている。これを受け、日本からも企業の進出が目立っている。これに伴い、ディスプレイ材料市場も拡大している。また、ディスプレイ材料は中国だけではなく、2000年以降アジアを中心に需要が急拡大している。

 JSR <4185> は1日、台湾の化学大手である長春石油化学股?有限公司(長春石化)と中国常熟市にてディスプレイ材料の製造を行う合弁会社 捷時雅精細化工(常熟)有限公司[英文名:JSR Micro(Changshu)Co., Ltd.]を設立することに合意したと発表した。投資額は約40億円である。

 今回の合弁会社の設立は、同社が51%、長春石化が49%を出資。新設する工場は中国常熟市にある長春石化の現地法人敷地内に建設し、液晶ディスプレイ(LCD)用材料である着色レジスト・感光性スペーサー・保護膜等の生産を行う。常熟市は中国国内顧客への供給に優れた立地だという。2015年中頃に着工し、2016年中の生産開始を予定している。

 JSRはアジアへはこれまでに、JSR Micro Korea(韓国 忠清北道)、JSR Micro Taiwan(台湾 雲林県)を設立している。顧客との信頼関係を深めるため、顧客に近い立地で供給を行ってきた。今回設立する合弁会社は、ディスプレイ材料事業として3か所目の海外生産拠点となる。

 「捷時雅精細化工(常熟)有限公司」は、事業内容はディスプレイ材料の製造、資本金は2000万USドル、生産品目は、着色レジスト、感光性スペーサー、保護膜など。

 新会社では、今後、長春石化の持つ中国での工場運営ノウハウとJSRの持つ技術力を融合し、中国市場における事業を積極的に展開していく方針だ。(編集担当:慶尾六郎)
電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。