分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2015年04月15日

button_15.jpg  米インテル:4−6月売上高見通しは予想と一致、需要回復

Bloomberg 4月15日(水)6時0分配信

  (ブルームバーグ):世界最大の半導体メーカー、米インテルの4−6月(第2四半期)売上高見通しはアナリスト予想とほぼ一致した。データセンターのサーバー向け半導体の需要が寄与した。

14日の発表資料によると、4−6月期の売上高は132億ドル(約1兆5800億円)の上下5億ドルとなる見通し。粗利益率は約62%を見込む。ブルームバーグがまとめたデータによると、アナリストの予想平均は売上高が134億5000万ドル、粗利益率は約61%となっていた。

タブレットやスマートフォンをインターネット接続手段として使用する消費者の増加を背景に、PC用チップ需要は減少しているものの、こうしたモバイル製品向けの情報・サービスの提供で必要なデータセンターからインテルは高性能サーバー用プロセッサーを受注している。ノートPC生産の不振で今年に入りインテルは1−3月(第1四半期)売上高見通しを下方修正していたが、生産は先月持ち直しており、同社の売上高回復につながる可能性がある。

Bライリーのアナリスト、クレイグ・エリス氏は「問題ないとは言わないが、直近のデータの一部は改善が見られる」と指摘した。

インテルの株価は決算発表後の時間外取引で3%上昇。通常取引終値は前日比0.8%安の31.49ドル。

第1四半期の売上高は前年同期比ほぼ横ばいの128億ドル。純利益は19億9000万ドル(1株当たり41セント)と、前年同期の19億3000万ドル(同38セント)から増加した。アナリスト予想平均では1株利益は41セント、売上高は128億ドルと見込まれていた。

原題:Intel Forecast Shows Improving Demand for PC, Data-Center
Chips(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:サンフランシスコ Ian King ,ianking@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Jillian Ward
Reed Stevenson ,jward56@bloomberg.net
電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。