分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2015年05月25日

button_15.jpg  (朝鮮日報日本語版) 半導体:サムスンがインテルを猛追、1−2年以内に逆転も

朝鮮日報日本語版 5月22日(金)9時18分配信

 世界の半導体市場で23年にわたり1位をキープしてきたインテルと、2位のサムスン電子のシェア格差が縮まっている。半導体業界では、1−2年のうちにサムスン電子がインテルを追い抜きトップに立つとの見方が広がっている。

 市場調査会社のIHSテクノロジーが21日に発表した世界半導体市場シェア(売上高基準)によると、1−3月期のシェアはインテルが13.3%で1位、サムスン電子が11.2%で2位だった。シェアの開きは2.1ポイントで、これまでで最も小さい。次いでクアルコムが5.2%、SKハイニックスが5.1%だった。

 サムスン電子はメモリー分野では22年にわたり世界トップをキープしてきたが、市場規模がその4倍の非メモリー分野でインテルに大きく水をあけられ、総合的な半導体ランキングでは2位にとどまっていた。だが、スマートフォンの普及で状況が変わった。インテルが対応に手間取っている間にサムスン電子はスマートフォンの頭脳の役割を果たすアプリケーションプロセッサ(AP)を量産し、売り上げを急増させた。
電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。