分析工房では、クリーンスーツなどの洗浄サービスを行います。 信頼性の高いNTT関連企業で洗浄を行います。
 半導体、液晶、LED、電子部品の製造や装置メンテナンスの部門でご検討下さい。価格もリーズナブルです。  

  ひらめき>>クリーンスーツの洗浄サービス
cleanpack.jpg cleanpack2.jpg cleanpack3.jpg cleanpackpoint3.jpg

 LEDと有機EL照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ひらめき>>LED照明・有機EL照明器具の選び方
oled無題.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
            「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【世界のLED照明産業の動向と、LED照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋

2015年06月03日

button_15.jpg  家電を嗜好品にする――癒しの「スケルトン洗濯機」に自走する実物大「R2-D2型冷蔵庫」

R2-D2 スターウォーズ STAR WARS トーキングフリッジガジェット 【 r2d2 talking fridge gadget r2-d2 スター・ウォーズ 冷蔵庫 しゃべる 動く おもちゃ ミニチュア おもちゃ 映画 キャラクター フィギュア グッズ 送料無料 】

価格:4,320円
(2015/6/3 17:43時点)
感想(56件)




ITmedia LifeStyle 6月2日(火)

 ハイアール アジアは6月2日、今年2回目となる事業戦略発表会を開催し、開発中のプロトタイプを含む製品軍を紹介した。中でも報道関係者の注目を集めていたのが、2016年の発売を目指す実物大の「R2-D2型冷蔵庫」、そしてスケスケの「スケルトン洗濯機」だった。

 同社は基本戦略として「家電を利用した新しいビジネスモデルの構築」「既存分野でのイノベーション」、そして「家電の嗜好品化」の3つを掲げており、「R2-D2」や「スケルトン洗濯機」は嗜好品としての家電に位置づけられる。伊藤社長は、「モノを所有するワクワク感。それを提供するのがわれわれの役割だ」と胸を張る。

●世界初の“呼んだら来てくれる”冷蔵庫

 「R2-D2型冷蔵庫」は、映画「スター・ウォーズ」に登場するロボット(ドロイド)「R2-D2」を、ルーカス・フィルム監修のもとで忠実に再現。姿形はもちろん、移動する様子や頭部を回して光と音を出すところまでソックリに仕上げた。さすがに自律型ではなく専用リモコンで操作することになるが、「世界初の“呼んだら来てくれる”冷蔵庫だ」(ハイアール・アジアの伊藤嘉明社長)。

 実は伊藤社長、「映画を見るときは部屋に閉じこもり、家人にも2時間は部屋に入らないように伝える」というほどの映画好き。「でも飲み物は欲しい。そんなとき、冷蔵庫がこっちに来てくれてもいいじゃないかと考えた」という。

 「R2-D2」は腹部に冷蔵庫があり、庫内は上下2段に仕切られている。ここに缶ビール6本(350ミリリットル缶)とペットボトル(500ミリリットル)を2〜3本収納できる。ただし、冷却はコンプレッサー式ではなくペルチェ方式のため、一般的な冷蔵庫に比べると冷却能力は低め。例えばキッチンの冷蔵庫で冷やした飲み物を「R2-D2」に移すといった“保冷庫”に近い使い方になりそうだ。

 移動には内蔵のモーターとバッテリーを使用する。床の段差は3ミリ程度までなら乗り越える。本体サイズは630(幅)×940(高さ)×610(奥行き)ミリ。重量は60キロ程度になる見込み。なお、気になる価格は「未定」だ。

●癒しのシースルー洗濯機で一杯?

 一方、1月の発表会でモックアップを披露した「スケルトン洗濯機」は、わずか5カ月でワーキングモデル(動作する試作機)にまで進歩し、「CLEAR」いう愛称も与えられた。

 スケルトン洗濯機は、円筒形の強化ガラスで外装を作ったシースルーボディー。水を入れて動かすと、回転/反回転を繰り返す水が、まるで“海辺に打ち寄せる波”のように見える。「見ていると飽きない、新たなエンターテインメントだ。1杯飲みながら眺める人が出てくるかもしれない」と伊藤社長。

 ふたの部分にはLED照明を搭載し、洗濯槽の中をほのかに照らし出す仕組み。今回は青く光っていたが、製品化の際には色を変更できるようにする計画だという。

 一般的な縦型洗濯機は、穴の開いた洗濯槽で洗濯や脱水を行うが、「スケルトン洗濯機」では中央部に細い脱水槽が設けられており、脱水するときは一度洗濯物を出して脱水槽に移すことになる。このため、全自動ではなく“半自動”の2槽式洗濯機という位置づけだ。また内側と外側という従来にない形の2槽式にしたことで、毛布などの“大物”は洗えないというデメリットはある。ちなみに脱水時には脱水槽から外側に向けて勢いよく水滴が飛び出してくるため、外からは「豪雨時の窓のよう」に見えるという。

 もう1つユニークなのは、洗濯の際には脱水槽内でも洗濯が行えること。「例えば、下着など見せたくない洗濯物は脱水槽内で洗い、そのほかは外側の洗濯槽で洗う」といった使い分けができるという。洗濯および脱水容量はどちらも4.5キロとファミリー向けとしては少し控えめだ。

 いくつかの課題はありながらも、インテリア性が高く、癒やし効果も期待できそうな「スケルトン洗濯機」。伊藤社長は、「これがあればバリ島などに行く必要はない。家でゆっくりリゾート感覚を楽しめる」と胸を張った。
電子・家電産業に関心のある方、応援クリックを!>>> 家電


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。